ラジ/カセ

2017.03.27

ラジカセ修理

02/24 ショーワの工場見学後のドフで確保。
パディスコ5310 1977年 当時¥20600。
何のヘンテツも無いラジカセ・・・テープは回らないが、音は出る感じ。

170309p001
去年パディスコがイマイチな仕上がりなんでそのリベンジな感じで治してみようかと・・・。
確定申告のメドが付いてから作業開始。

170309p003
アンテナ根元以外のネジを外すと背面は外れる。

アンテナと電源のキボシ外すと分離出来る。
以前のパディスコ5050に比べ楽。
170309p004


170309p005
カウンターのベルト以外切れている。カウンターのも延び延び。
モーターにもガッツリこびり付いている。
メインのキャプスタンベルトが平ベルトなのは意外だった。
角だと思っていた・・・平ベルトはここに合うサイズはない。


170309p006
動作確認だけでもと角ベルトで代用。
回しているとベルトが上に上がって外れるのでOリング噛ました。
170309p007
キャプスタンベルトが直径80mmで他2つが60mmっぽい。
矢印のベルトを間違えて65mmを付けていた。コレが後々悲劇を生む。

この状態で一応動きました。
ちょっと巻き取り軸が止まったりが有りますが・・・

そしてスピードが明らかに速い。
モーターを外してみたが調節の穴とか有りません。
170309p009
コードの+は電源に・・・もう一つはここに。
どうすりゃイイか判りません。

ボリュームにガリや接触不良有ったのは裏で接点復活剤流し込んでグリグリ・・・。
170309p011
FMの入りがイマイチ・・・入ったり、入っても音が小さかったり。
どうも切り替えスイッチに問題っぽい。

170309p012
スイッチ根元端子にシリコンオイルさしてガチャガチャと・・・ほぼ問題なくなった。

左側の巻き取り軸が不定期に止まる・・・下手をすると巻き込んだ。
テープがキャプスタン軸に猛烈に絡み切れてテープ1本ダメにした。

170309p014
ピンチローラーがキャプスタンに押し付けられていたようで一カ所凹んでいる。
送りの不良はこのせいだと思っていた。
170309p015
サンドペーパーで削ります。相当時間食ってます。
完全に消すまではやらなかった。

170309p017
スピードが速いのが気になったので強引にちょっと小さい平ベルトを付けてみた。
回転が落ちました・・・落ち過ぎ。
そのうちズレて外れるようになったのでまた角ベルト(70mmとキツ目)に換えた。
ココのトルクが回転に影響している?角ベルトでは軽すぎでダメなのかな?
平ベルトは幅が4mm以下でないと他のプーリーに擦る。アキバじゃ5mmしか売ってないんだが・・・。


170309p020
巻き取り軸が不定期に止まるのは隠れているプーリーに上手く回転が伝わってない事が判ったがどうやったら治るか判らん。
右の金の被せがあるプーリーの根元から伝わっているんだが、そこから不安定。
そして先に書いた65mmのベルトに付け間違いたのを60mmに換えたら大分伝わるようになった。
(トルク不足だった?)

現状テープによっては止まって巻き込みそうになる事も有るが大分スムーズに動作するようになった。
ただオートストップが機能しません。
スピードが速いのは未解決。平ベルトに換えてみないと何とも言えん。

中も凄かったがスピーカーからコレだけ綿ホコリが出て来た。
170309p021
撮み出すのも結構大変でした。

出かけているヒマが無いので通販でベルト頼んだ。

ベルト届いた。ただ幾つか注文したうちの直系80mmがどうも85mmっぽい。
(使用する前に気が付いて良かった)
仕方ないので75mmで代用。
元が3mm幅だったので1mmチョイ幅を切りました。
再生スピードは正常に近い感じになりました。
170314p023
が、回っているとベルトが上がって来て結局矢印のプーリー擦る。

170314p024
回しているとベルトがこんな感じに上がって外れる。
75mmではテンションのかかり方が悪いようだ。
しばらく外れては填めてを繰り返す。
馴染んで来ると再生では外れなくなった。

早送り巻き戻しでは外れて来る。やはり正常なサイズと思われる直系80mmを試してみないとな。
(問い合わせたら返送用の封筒同梱で正しいのを送ってくれるようだ)

平行に進行していたTD-V631から外したちょっと緩いベルト(直系80mm)を1本使ってみた。
170315p025
色々出ていた問題はなくなりました。
巻き取りが止まりそうになったり、ベルトが外れそうになったりは無くなった・・・やっぱ正しいサイズがイイのね。
再生スピードも「こんな物だろ?」的で良しとします。

ただオートストップが効かないのが判らない。
表側からも見ないと原因が掴めそうも無いが、壊しちゃうだけになりそうなのでコレで止めておく。

170315p026
あ、録音は試してません(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.03.07

気持ちに余裕


しばらく置きっぱのVZ-V2を動かしてみる。
レコードが動かない、高音低音の調節が利かない、AMが殆ど入らない(うちはAMが入り難いが)のは当初から。
170306_004
FMは奇麗に入った。
が!右の音が小さい。なんと右ツィータが死んでいる。
ウーハーも左よりかなり小さい。
前はちゃんと音が出て居たと思うんだがな。
こういうのは自分ではお手上げだな・・・プレーヤー部を治す気失せる。
こうなると正直邪魔なんだが。
あ、テープは動作した。

「遠すぎた橋」のサントラLPを再CD化の為ダビング。
以前はちゃんとクリーニングしていなかったからノイズがかなり酷かった。
2枚を徹底掃除して挑んだが、フェードアウト時に『ブッ』とか入って来ると我慢ならず、奇麗に再生出来るトラック探しに結局手持ち4枚すべて出す羽目になった。
170306_003
録り直し録り直しで5時間位かかったねぇ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.11.09

火曜また病院送りに実家。

また実家に残ったカセットテープを探ってみると伊福部昭+日本人作曲家作品を録ったテープが3本見つかった。
全部コンサートライブをFMで録ったヤツ。
1本はメモが有り昭和58年に録ったぽい。
161108_001
試しにパディスコ5050(実家に置っぱ)で再生・・・しばらくテープをかけてなかったので、最初動かなくて焦った。
一応動いて音は出た。

161108_002
動作確認に実家のアイワCS-W320でも聴く。
パディスコに比べたら全然いい音してる。パディスコがダメすぎるんだが・・・。

帰宅して・・・土日に手持ち殆どのカセットデッキを動員する録音テストになってしまったが1台だけ試していなかった。
パイオニアCT-4040A・・・これでちゃんと通しでの録音はテストしていない。
161108_003
この際だからやってみる。
先日見つけた潰してもいいテープに「ダンガイオー」のサントラを録ったのが有ったのでそのまま録り直してみようかと・・・。
当時はサントラを持っていなかったのでレンタルか誰かに借りたのをダビングしたのだと思う。
(今持っているのは復刻シリーズの)
結構使い込まれたテープのはずです。

161108_004
録音状態を示す赤ランプは回ってます。
(これはまだ電球)
音は・・・やっぱ少し揺らいでます。3回くらい録音し直した後は少しマシになったけど揺らぐ。
他のデッキで聴いても若干揺らぐ。
音質は潰す前より良くはなりましたが、テープのせいも有るかもしれんが他のに比べたら落ちる。
この年式だし取りあえず動作する事は判ったからいいや。

同じテープに同じCDをK-522Mでダビングしてみて終了。

実家行く前のドフで。
ショーコスギ主演の『KABUTO』LD・・・し、知らん。
でもB級臭さに惹かれる。三船敏郎とクリストファーリーが出ているので買ってしまった。
161108_006
ジャンクだが未開封っぽい。どうやらDVD化されていないようね。
次世代M4とMP5のマガジンは隣接のホビーオフで。
ジャンク扱いだけど安かったし物によっては(複数有った)新品みたいに奇麗なのから選んだ。
次世代M4のマガジン余りまくっているけど・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.08.20

またラジカセやら

金曜、実家行く前に寄ったドフ・・・バクチクのミュージックテープは驚き。ちゃんと聞けた。 
「第三の男」のEPは1968年製。木工ボンドパック中でまだ聴いてない。
160819_003


ケンウッドCD/MDラジカセMDX-F3。1999年発売で実売3万弱位?
「MD読まないジャンク¥1620」
以前買ったCDラジカセの使い勝手が悪いので別のを検討していた。MD使えて電池駆動も出来るラジカセって少ない。
そしてコレ用のリモコンはミニコンポの代用に買って既に持っていたのもある。
160819_005
店のMD借りて動作確認したら読んだよ。自前のも入れたけど読んだ。大丈夫じゃん!
その他再生はラジオもすべてOK。CD-Rも読む。
唯一テープの再生スピードがほんの僅かに早い。

テープ部などもの凄いホコリでまだ掃除が完璧ではない。

CDのフタが電動で高級感を出しているが、電源OFF時は開閉出来ないのがちょっと不便。
160819_006
電池でも動いた。
取説が無いとちょっと細かい設定が判らない・・・。

これで前のアイワのCDラジカセはドフに戻ってもらおう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.08.08

CS-W320の整備 

アイワのWラジカセ、CS-W320。1994年製。

多分オヤジが買ったのだと思う。
今でもラジオは奇麗に入る。
相当前からテープが回らず既に代換えのCDラジカセもとっくに購入済み。
でもお袋が捨てずにおいてあるし、ラジオはいまだにコレで聞いていたりする。

中のベルトが切れているのは見える・・・気まぐれで引き上げて来た。

何の下調べも無く、ネジ9個外していきなり割る(笑)。
160808a001
固着と不慣れで中々割れなかったけど。
(脱着はカセットのフタは開けてやった方が良さそうなのは後から気が付いた)
160808a002
いろいろ汚い。中までホコリだらけ。
160808a003
でも欠損は無さそう。
ここでプーリーとかにどう行くか考える。
ネットこの機種調べてもロクに出て来ないので、おなじアイワのラジカセを参考に進める。

ネジを6個外し、メカ部を外して裏を見る。
160808a006
1個のモーターから2個のキャプスタンへベルトがかかっていたようだ。
小さいベルトが左右二個かかっているがコレはまだ保ちそうなのでそのまま。
(なるべく余計な事はしない)

中に有った切れたベルト。
60mm。
160808a007
残骸が1個しかないのでベルトの通し方に悩むが、やっぱニ個だろう。

こんな感じ。
160808a009
オートリバース機だったらもっと複雑に絡むんだろうけど、簡単で良かった。


最低限元に戻し動作確認。
(まだ仮組)
160808a010
テープは左右とも再生出来た。
ラジオも入る。AM補完放送も入る。
この後中の掃除。
スピーカーに貯まっているホコリをバラして取ろうと思ったけど、多分無理。
壊す位しないとスピーカーは取れそうも無かった。

表からエアダスターで吹いたら意外と出て行ってくれた。
160808a012
一旦組み立てた後、メカを停めているネジを1個忘れ、また割ったりも有ったが終わり。

休憩挟んでも2〜3時間で終わって色々助かった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.08.06

出張修理?

2週は程前、実家に置っぱのパディスコの周波数表示がまたズレてしまったので工具持って治しに行って来た。
160806_001
アワ食っていて全然画像撮ってません。
最後の方でネジを1個、内部に落としそれが出て来ません。
一応問題なく動いているが気持ち悪い。
その場には替えのネジが無いから、それほど問題無さそうな所のネジを移植して代換え・・・その分を付け直さなきゃ。

で・・・・
160806_002
もう何年も“テープが動かない”で実家に放置されているアイワのラジカセ。
代わりのラジカセが有るので必要は無いんだが、お袋が後生大事に取ってある。

カセットふたを開けるとベルトが切れているのが見える。
簡単に治るようならやってみるかと引き上げて来た。
さてどうなるか・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.05.17

実家で

病院送りで実家・・・パディスコGF-X0持って行き何となく仏壇に飾る。
160517_001
テープの動作はイマイチです。
電池だとスムーズに動くが、外部電源だと動かない事が多数。
電圧が低くて動かないようだ。
やっぱ内部で電気が正しく通って無い時があり、動いたり動かなかった。
目の前に有ると触りたくなるからちょっと実家に置いておく。

実家に有る古いダブルラジカセ(テープ不動)をどうした物か・・・。

実家の池・・・よくよく確認したらオタマジャクシが2〜30匹居た。
160517_002
全滅だと思っていたヒキガエルの卵はごく一部生き残っていたようだ。
本来ならコレの10倍位が普通なんだが居ないよりマシ。

その他。
160517_004
大きなカタツムリ2匹発見・・・こんな大きなの庭で見たのは久々だ。

山椒の木にアゲハの幼虫が2匹居た。
2齢と3齢位。
160517_003
今年は網で囲って鳥や寄生バチから保護したい。
(雨だったから今日はやめた)

しかし庭の木や草が伸びて来てジャングルになって来た。
今日みたいな雨の中庭を歩くと濡れた木々が身体に触ってべちょべちょだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.05.14

パディスコ GF-X0 TRK-5050修理

治してみます。
トータル半日作業×2位。
もう色々必死で画像を撮る余裕がありませんでした。
160508p010

160508p011
裏からネジ4つで取って、コード2本(アース?とアンテナ)外せば裏面は外せる。
(裏面外すとキャリハンもぬける)

160508p013
テープ部の基板をネジ4つ外して開けてみるとベルトは溶けて切れてます。

表の方にもベルトが有るはずなのでメカを外してみる。
コレが難しかった。
160508p014
知恵の輪のようになんとかメカを抜き出す。

2本のベルトは切れてはいなかったがノビノビユルユルなのでも適当なヤツに交換。
カウンターベルトはカウンターを外さないと取り替え出来なかった。
160508p015
中華のテープ修理用のベルトセットが役立った。

裏面に戻ってメインのベルト交換。
最終的には80mm×0.8?を使っているが、他のベルトも試している。
テンション上げるため70mm×1.2使ったら動かなくなった。
80mm×1.2使ったら再生は出来たけど音がユラユラ・・・で、80mm×0.8に行き着いた。
殆ど元に戻さないと動作確認が出来ないので面倒です。

と言っても早送りが出来ません。
(巻き戻しは再生しながらのレビューもOK)
テープ無しでスイッチ入れると巻き取り軸は断続的に動いている。
カスッてはいるようだ。

で、こっちの基板動かしてて、あちこちのコードが切れる。
コード細いし、以前治されたっぽい所も多い。
後で判ったけどカプラ接続って一カ所もなく全部ハンダ付けね。
(更に後からヤバそうな所はグルーで補強)

早送りNGは放置でラジオの方に移る。
160508p017
透明パネル引っかけを見つけ外そうとするが片側が取れない・・・このまま続行。

160508p018
矢印方向には比較的スムーズに動くが逆には戻らない。
(でもチューニングは出来て選局する)

受信は出来るが、周波数表記がどこか空回りして動かない事多数。
スピーカー側の基板を外して・・・外れない!!
160513p020

浮かしてすき間から中の様子は見る。
予想以上複雑にワイヤが通ってチューニングしているみたい。
ここも一旦諦める。

早送りが出来ないのはここ辺りのプーリーの関係だろうと思い出しテープ部のメカを出そうとするが今度は取り出せない。
160508p016
・・・・1時間程格闘して諦めました。余計に壊したく無いし。
この間も再生や巻き戻しが出来なくなってスッタモンダしています。
どうもテストに使っていたテープの巻き絞まりだったみたい。
巻き絞まりなんて言葉自体なんか懐かしい・・・。

まったく改善出来ないので再度ラジオの方を様子見。
とにかく片側に送る時に空回りする原因を探す。
基板を止めているネジを緩めると問題無さそうに動く。
どこか押しつかっている?
160513p023
苦心して基板を外しました。
(戻すのも大変だった)

周波数のロールは空回りした後に強引に指で回して戻すの繰り返し。

あるプーリーの根元が経年変化で歪んでギアの噛み合わせが悪くなっているような感じ。
しかし対処しようも無い。とにかくプーリーやギアの根元にシリコンオイルを刺しておく。(ワイヤーには付けないように)

基板を外した状態だなら周波数のロールは問題なく動くが、本体にネジ留めすると動かなくなる。
160513p024
どのネジを付けると動作に問題が有るか検証・・・一カ所絞め込むと間違い無く問題が出る所を見つけたので
そこはプラワッシャを挟んで浮かし、ネジも軽く締め込むだけにした。
(矢印の辺り)

この検証作業だけで3時間位ドタバタしていた。

でもちょっと雑に扱うと空回りするので気を使う。

何かボロボロなゴミが絶えないなぁ・・・って思っていたら、マイク収納部の裏側にスポンジが有ったようで劣化して崩れてました。
これはバラさなきゃ見えない所だから気が付かなかった。

早送りは諦めて戻します。
160513p025
最後に電池ブタのスポンジを張り替えて電池での動作を確認。

終了〜〜。
160513p027
キャリングケースも付けて元通り。

懐かしいとは思わない・・・むしろ小6からズッと手元に有る感覚。
あとからヘッドホンで聴いてみるとテープ/ラジオとも“ブ〜〜ン”ってハム音みたいなのが載っている事に気が付く・・・が、放置!!
だって治せないもの。もうそういう物だと・・・。
あと最初から気が付いていたが、スピーカーからの音量が小さい・・・決して聞けないレベルじゃないのだが、普通は真ん中位にボリューム上げたらウルサいレベルだと思うが、MAXまで上げてもそこまでのレベルじゃ無い。
それが正解なのか壊れているのか判らないけど。
ここまでやって早送りが出来ないのは悔しい。

音質云々は語るレベルの物じゃない。
小6の頃は有る事は嬉しかったが、聞くという事では全く満足していなかった記憶は有る。

もうちょっと待ちゃステレオラジカセの時代になったんだけど、これはもう生まれの不幸なんで仕方ない(笑)。
実家にはコレで録ったカセットテープがまだ残っているはずなので探して来る。


追記
作業中のテストは長くて2〜3分だったから気が付かなかったが、5〜10分位でテープが止まる。
モーターやベルトのせいかと思ったらそういう時はラジオも入らない。
どうも内部の通電に問題が有る模様。
途切れっぱなしでなく自然に復活する事も有るのでわけが判らない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

進行中

パディスコ TRK-5050はまだ整備中。

160514_001
食卓で作業しているから片付かないと明日の朝飯が食えん!

早送りが出来ないのは諦めた。
だから大体メドが付いた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.05.08

パディスコ GF-X0

日立 パディスコ GF-X0 TRK-5050 1974〜76年頃のラジカセで当時 ¥42800。

小6の終わりに買ってもらったラジカセが欲しくなり、後輩に頼んでオクで落としてもらいました。
当時は4年後にカセットデッキを買ってもらうまで活躍していました。

電源OKな以外不動品。電源コード無し。
キャリングケース付きだったが、出品画像にケースを外した状態を表示していなかったので
本体確認のため届いてすぐ外してしまいました。
状態が判らなかったので賭けでした。
(でも当時キャリングケース付きで買ってもらったのでどうしても欲しかった)

160508p001
見た目は少々メッキ部の腐食以外は欠損も無く悪く無い状態でした。
電源コードはうちに有る幾つかのメガネケーブルを合わせたらハマる物が見つかりました。
(今と昔じゃ形が違うんだよね)

160508p003
フタは壊れていないがテープは回りません。

ポップアップのマイクは付いている。
試したら一応ワイヤレスマイクとして機能しました。
160508p004
ちなみにFMは入ったが画像の辺りがNACK-5なので相当ズレてます。
(AMも入った。短波は試していない)
この周波数表示ロールがちゃんと回ってない。
空回りしたり動かなかったりで狂いまくりです。
表記のロールの動きがわるいだけで線局自体は出来ます。
ここの照明は点きました。

電池ブタ内側のスポンジが風化しちゃってゴミだらけになるので張り替えだな。

キャリングケースも破れや欠けは無さそう。
160508p007
ただ一部固くなっているので肩掛けて使うとかはしない方が良さそう。

治るかな〜?治せるかな〜〜?
2台買ってニコイチにするくらいの覚悟で買ってます。
まぁオブジェでも問題無いのですけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧