カセットデッキ

2017.06.10

整理

地味に買い集め貯まって来たカセットテープを整理。
小さい箱はハイポジ、大きいのはノーマルとメタル(2本のみ)。
170609_001
小さい箱はハイポジ、大きいのはノーマルとメタル(2本のみ)。
他に何本かはみ出た。
コレだけ有っても使うのは昔の潰していいテープか新品でも20分とかの短いヤツ。

テストによく使っていたテープをTD-V721で再録音。
170609_002
しかしその途中でテープが絡まった!!
貴重なメタルテープが〜〜〜。
大分酷使していたテープだしな・・・切れなかっただけでも良しとする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.06.02

KD-A5は諦めた

GWに買ったジャンクのビクター カセットデッキKD-A5を色々試してました。
高校入学時に買ってもらったカセットデッキなので出来たらまた欲しいと思っていた。

ま、結果はダメ。

動作チェック。
170522kd001
動作チェック。
ランプ関係は全部点灯。(録音やポーズも)
扉の開閉が激遅い。見るからにあちこちグリス塗りたくり。

再生・・・動かない。が、一瞬でも巻き戻しや早送りにしてからだと動く。そこからは無問題。
再生スピードは・・・あれ?一聴した感じ普通。
店で試した時は遅かったのは固着でもあったか?

兄弟で並べて見た。
170530kd002
下がKD-A6。結構幅が違うのね。

開けてみる。
KD-A6と似ているようで違う。
既に弄られた跡が有る。

動きださ無いのは、良く有るカウンターのベルトの緩みかと思ったがどうもそうでは無さそう。
メインのベルトは無事そう。ビクターのベルトって凄いね。
170530kd004
あちこち塗り過ぎなグリスを取る。必要そうな所はシリコンオイルを足す。
(プラ部品に普通のグリスとか勘弁して欲しい)
大分掃除と給油をしたんだが扉の開閉は余り変わらず・・・まぁコレはいいわ。

動作検証に再生していると1時間位からモーターから『キュキュ』って音が・・・
2時間程すると「キュ〜〜〜〜」と耳に付くようになって3時間も経つとちょっと耐えられない音量に。
ハイ、モーター終わってます。
モーター外してバラし、整備すれば使えるかもしれんがそんなスキル無し。
軸の根元にシリコンオイル挿す。
1時間位回しているとやはり『キュ、キュ』と少し鳴るが、2時間程回してもそれ程酷くならない(それ以上の時間は恐くて試してない)。

念のためカウンターのベルトは交換。
メカはバラさず・・・メカを停めているネジを外し少しズラしたが、あとは隙間からKD-A6の時のようにねじり混んで交換。

どうも電源入れてからすぐの再生が立ち上がらないのはプランジャーが一押し足りていない感じ。
巻き戻しや早送りを一瞬でも動かしてから再生するとそこからは普通に動く。
10分くらい電源切って休ますとまたすぐには動かない。
お手上げです。

スピードはモーター裏の穴に−ドライバー突っ込んで調整。
精密ドライバーより少し大きい位でないとハマらない。(それが当初判らなかった)
そして手応え感が薄く回し具合が掴み難い。

再生は・・・・ANRS/OFFなら普通。
ANRS/ONだとノイズリダクション以上に音が篭る上、Lのレベルが明らかに下がる。
どこかパーツが劣化しているかANRSのチップがもうダメ?
Lの再生レベルを調整してみたが、ANRSのON/OFFに関わらず変わってしまうので無駄だね。

素に再生してもR側のメーターが弱い感じで僅かに上げる。
文章ではそれだけだが、幾つかのデッキで録ったテープとミュージックテープを15本くらい何度もかけまくりで強弱を見る。
これに計4〜5時間使っている。
(中には耳で聞いているのとメーターのふれが全然一致しないのも有って・・・)

底面からの画像がネットで見つからなかったので上げてみる。
170530kd005
ちゃんとしたシャーシに基板やメカが取り付けられているから底板が外せる。昔は金かかっているね。
電源部の基板が少し欠けていて、そこがジャンパされている。
老眼で細かい所は見えない・・・ハンダクラックとか有るか?
(作業用ルーペ買わないと・・・)


170530kd006


170530kd007
左端の可変抵抗がメーターの調整用。(手前がR)
奥の→は可変抵抗は再生レベルっぽい。(左がL)
つー事は真ん中のは録音レベルかな?

結局、多少良くなったがジャンクレベルのまま。
ちなみに録音は動作以外試してはいない。

しょうがない、KD-A5は捨てなきゃならない時までオブジェかな?

昔のカタログや取り説仕舞っているファイルを見直したらKD-A5の取り説が出て来た。
まだ残っていたのに驚き。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.05.20

ベルト交換

ティアックR-606Xのベルト交換。
ヤリ初めから諦めまで10日程使っている。

買った時から緩み気味だったが、それ程問題なく動いていたので使っていた。
有る時、リバース再生時に極端に速度が遅くなったりしたのでしばらく放置。
やっとベルトを換えてみる事に。
ベルトは直径70、75、80mmと用意してある。
開けてみます。
170518r001
メカ部はネジ4つで外れた。

ピンチローラー部を押さえている板も下側側面の小ネジ三つで外れる。
画像の矢印側は2個だが反対は1個。
170518r002
ベルト外してみたらまさかの直径85mm。
一度通販で買って返品交換したのが85mmだったのが無念。
ちょっと放置・・・。
13日、OTOTENの帰りにアキバ寄ってベルト買って来た。

170518r003
で、ベルト交換。メカは戻す。
2〜3時間回し、馴染んだか?と思われる辺りから調整。
170518r005
再生するがリバース側再生が明らかに遅い。
ピンチローラーを少しサンドペーパー当てたり掃除したりしたが効果なし。
速度調整はモーターに付いている。
170518r007
フォワード側再生はピッタリ出来る。
だがリバース側はどうにもならん。
(333ESLで録ったテープを再生し同じ曲のCDをかけながら)

しばらくどうにもならずあちこち様子見る。

170518r008
後側、キャプスタン軸を押さえているパーツの停め部分をカタカタゆすってみるといきなり再生スピード上がった。
どうも当り具合が悪かったようだ。
でも遅い。
その後も色々様子みてフォワード、リバースの速度をチェック。
ふとキャプスタンを今一度掃除してみた。
170518r009
あ、安定した。
いや、測ってみると1分で1秒位遅いんだが、聞いていてそんな『遅い!』って思う程では無い。
これはオートリバースの宿命なのかね?
フォワードとの中間位のスピードにするか試したが、そうするとフォワード側再生時に早いのを感じるのでフォワード側を合わせリバース側のスピードは捨てた。

ボタンの→がフォワード側は消えていたので、前のオーナーもリバース側はダメだと使わなかったのかな?

3〜4日後、録音もフォワード方向のみで試す。(新品AXIA A1 中国製60分裏表)
リバース側でも録音は出来ます。
まぁそんな高いオートリバース機種じゃ無いし、裏表の音質差は如何ともしがたい。
他のデッキで聞いてもA/B面が同じ音質で聞こえないし何ともなぁ・・・って感じ。
(機種によってはそんな悪い音はしないの事も有ったので、デッキの性能や劣化度も関係している)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.05.09

消磁機復活

物置から発見されたヘッドイレーサーAH-201の電池フタ製作。
フタに加工し易そうな物を探した。
170509ah001
で、シングルアダプターを加工して作りました。
内側の出っ張りがボタン電池をはめるのにいい大きさだった。

シングルアダプターのセンター部分を抜き取る。
170509ah002
それをリューターに付けて回転させ、ヤスリで大きさと形を整える。

170509ah003
ボタン電池がハマらない分は削って行く。
キツキツにハマるところで終わり。
電池をはめ込んだ。

ためしに動作確認。
170509ah005

170509ah006
ちゃんと効果が出ているか判らないけど、ランプは点いて電気は通っているようだ。
コレを購入した当時だったら、こんな加工は出来なかっただろうが、今はその頃に比べ物にならない位知識と道具が有るからこそ出来た。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.05.05

連休半ばから

仕事余り進められなくなったけど、やらなきゃ行け無い分はやる。
2日程仕事部屋に引きこもるんでさらにカセットデッキの動作確認。

スピード調整してからちゃんと録再生テストしていなかったビクターのKD-A6・・・
まぁこんな物?って音。
170505_004
メタルテープだと結構いい音します。

そしてテスト録音したテープが見当たらないパイオニアCT-4040Aの録音テストをしてみる。
中古のテープだけど。
170505_006

170505_005
自己録再生では下のKD-A6とは明らかに音は落ちるね。
CT-4040Aで録ったテープをKD-A6で聞くと結構きれいには再生した。古い中古テープ成りだけど。
まぁ40年以上前のが録再生出来るだけでも良しとしよう。

そこまで来て遂にTC-2890SDデンスケまで登場。
170505_007
前に録音試したから再生のみ・・・KD-A6で録ったテープ(ダイソーのだけど新品)再生ではまぁソコソコ。
なんかガサ付いた感じはするけどね。音は聞けるって程度。

他にティアックやらケンウッドの別のカセットデッキが有るがそれらは今回はスルー。


170505_009
物置に仕舞う物が有ったのでついでにカセットテープ棚を見てみる。
奥の6段のは殆どクラシック。
実家にもコレくらい置いてあるし、家の中にもこれ以上有ったりする。

CDやレコード持っていたり、絶対聞かないって潰してもいいテープがコレだけ見つかった。
170505_010
メタルテープが1本有るのは吉。
余り使い込んで無いようで奇麗に再生出来た。

そんな中から発見。
テープ棚からTDKのヘッドイレーサーが出て来た。
170505_011
こんなの持って居たんだ・・・でも電池ケースのフタが無い(泣)。

他にも二本潰そうと思ったのだが・・・
170505_012
中は二本に渡ってマジンガーZからゴーディアン位までのロボットアニメの主題歌が纏めて有った。
おそらくレコードから録っていると思うのだがかなり音が奇麗だったのでそのままにしておく事に(笑)。
1本は今は無きさくらやの値札が・・・こんなハイポジ1本実売¥500もしたんだ。(当時の値段など忘れている)
恐ろしく散財していたんだな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.05.03

連休前半

連休前から仕事。
仕事部屋に引きこもるんで同時にまともに動かしてなかったカセットデッキの動作確認。
アンプも去年末以来久々に817XXに入れ替えた。
170502_008
ビクターのTD-V721と・・・
170502_007
TD-V631。
この間にケンウッドのKX-7030も試している。
(ついでにCDもいくつか試している)
3台とも多分ちゃんと使えてると思う。
スピードの速さが気になっていたTD-V721は特段問題無さそう。
(前に気になったのは元のテープに問題が有ったかも)

そんな中CDチェンジャーのPD-M580が再生中突如読み込まなくなった。
試したクリーニングCDは読み込むんだけどな・・・。

¥39800の安ものだがそんな悪い音しないし、マキシシングルとか連続でかけるのに便利なのでたまに使っている。
ジャンクで買って来て問題が起きていなかったのでそのまま使っていたが初めて開けてみた。
170502_p001
基板はともかくメカはかなり仰々しい。
このメカにトラブルは無い感じ。
メカを外すのは大変そう・・・

でもよく見るとピックアップ部だけなら簡単に外せそう。
170502_p002

170502_p003
で、外してレンズは拭いた。
一旦は上手く読んだがすぐに認識しなくなる。

ピックアップ裏側の基板に調整出来る所が・・・右がフォーカスオフセットっぽい。
170502_p004
左がおそらくレーザー出力だろう。
コレを左に回して様子見る。

やはり一旦は読んだが再生しなくなる。
6枚カセットのうち最初の1枚(何段目だろうが)は再生出来るが後が続かない。
コンデサの劣化かな?
レーザーやフォーカスを弄りながら様子見るが症状が一定じゃない。

開けた最初から気になっていたがピックアップに繋がっているケーブル・・・
この折られ方は問題出るんじゃないかと見ていた。
170502_p005
試しに織り込んであるのを外し挿し直したりしたら上手く動きそう。
触ると動かなくなったり多少断線が有る模様。
でもそれだけじゃない部分も有り完璧ではない。
170502_p006
取りあえず動きそうなので戻して様子見る。

さてジャンクのKD-A5をどうするか・・・バラさなきゃいけ無いの確定。
安いし練習だと思ってダメ元でやるか?
170502_005

170503_001
ちなみに一緒に買ったテープセレクターは簡単に接続テストしてみたがちゃんと音は出るようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

しんどいしんどい

日付変わっちゃったけど火曜。
朝4時まで仕事して9時半に板金屋のオッチャンからの電話で起こされた・・・キツい。
(アイシスの処分についての事だった)
昼過ぎ実家。また病院送り。

実家の池。
一週間前はまだ殆ど泳いでいなかったオタマジャクシが、今はすごい事に。
170502_001
夜ストロボたいて撮っているから影が写って多く見えるが、ホントに多い。
昔は毎年こんなだったけどな。
で、先週投入した金魚三匹は昨日までに全部死んだ(泣)。
先週末辺りは元気に泳いで居たらしいのだが・・・。
なんで育たないのか全く判らん。
同時にズッと生き残っている一匹が何で無事なのかも判らん。

来る時、時間ギリで寄れなかったので病院終わってお袋乗せたまま花小金井のドフへ。

一旦レジで払ったらGWセールでジャンク30%引きなのに初めて気が付く。
で、追加しちゃったのでコレ。
170502_004
絶対イラネェだろ?カセットデッキ。
高校の時初めて買ってもらったのと同じKD-A5。
KD-A6が有るんだから要らネェハズなんだが、30%引きで安くなったし。
(それが今日までだったので悩む時間も無かった)
店で動作確認。「再生出来ない」値札だったが、取りあえず音は出たがかなり速度が遅くベルト交換が必要そう。
カウンターのベルトも伸びていてちょっと止まる。
懐かしのカセットデッキセレクターもジャンクも・・・要らないんだけどね(笑)。珍しかったから。
動作はまだ未確認。

その帰りホンダの店。
今一度フリードへのお袋の乗り降りを試す。
後席シートが高めで厳しいんじゃないかと思った。
キャプテンシートはイマイチだったが、ベンチシートは少し外側まで座面が有るのでそれ程問題なかった。
170502_002
GWでお菓子つかみ取り有った。
先日の見積もりからOP落とし、装備見直しで大分見積もり下がった。
有料色を止めれば大台を切れそう。

寄り道多かったので買い物も遅れ晩飯も遅れ、帰って来るのも遅くなった。

仕事は監修が遅れ気味でGW中にあまり手が付けれなくなった。
が、休み明けも尾を引くのでそれがすでに憂鬱。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.03.27

ビクター TD-V631

カセットデッキ TD-V631 1988年製っぽい。定価¥69800。
03/12 サバゲ行く途中に幸手のドフにて
「再生出来る。早送り巻き戻し出来ない」ジャンク。
二ヶ月くらい前にも見ていたがまだ残っていた。

店で動作確認(前に見た時も一応していたり)。
確かに早送り巻き戻し出来ないし、再生も結構遅い。
早送り巻き戻しはTD-V721と同じくモーターのギアが飛んでいるんだろう。
170312tdv001
小キズは有るが表示が消えたりはしていない。

170312tdv002
メカはそんなに痛んで無さそう。

作業は翌日から開始。途中行き詰まった所でラジカセのパディスコをバラし始めて余計に頭抱えたり・・・。
170312tdv004
いきなり開けて再生してみます。
遅いです・・・3〜40分程再生していると”ちょっと遅い?”位まで復活しました。
それ以上は回復しません。
キャプスタンのベルトは微妙な感じ。3mm幅かぁ・・・。


170312tdv003
多分本来は無い所にコンデサが付いています。
何のおまじない??

DDドライブで無い以外TD-V721と構造は同じようなので、同じように見て行きます。
カセットメカ上の基板のハンダ取ってどかします。
170313tdv005
あ、やっぱ早送り/巻き戻しモーターのピニオンギアが飛んでます。

半田外して上の基板をどかす。
四苦八苦してメカをズラすだけでモーターを外す。
170313tdv006
見事に飛んでいるな。
砕け散ったTD-V721のに比べるとまだ残っている。

ピニオンギアの上下を変えて再利用も考えたが前回同様交換に。
170313tdv007
その時残っていたミニッツレーサーのギア(黒いの)を使う。
外径は同じだが歯数が1個少ない・・・ま、なんとかなるだろう。
軸の穴拡張とスペーサー合わせに結構な時間使ってます。
(TD-V721の時の経験から慎重)

スペーサーはプラパイプ。
170313tdv008
組んでモーターを戻す。
ネジ止め時、ワッシャを1個を隙間に落とす・・・出て来ません(汗)。
何も影響無きゃいいんだけど。

早送り巻き戻しは無事出来るようになりました。

再生させるとまたスピードが遅い。
今後とパディスコのため事前に通販で(アキバの店に注文していた)届いたゴムベルトに交換しようと思った。

170313tdv009
が、直径80mmサイズを頼んでおいたのが、どう調べてもそれが85mmで緩そうで使えない。

170314tdv011
とりあえずベルトは裏返して戻しました。滑り具合が変わったか?一旦は少し回転はマシになった。
が・・・やっぱダメそう。

ベルトはすぐに返品手続きができ、中一日で直径80mmのベルトが送られて来た。
(前のは着払いで即返送)

ベルトを換えるだけなら本体底面開けて、メカを外す事無くモーターの付いているプレートを外すだけでいいんで楽です。
2本使うんでベルト代はかかりますが・・・。
170314tdv012
幅が広がったのでギリですが付きました。
スピードもちょっと聞いた感じは正常です。
2〜3時間慣ししてモーターの回転調整。

170314tdv014
最近ソニーTC-K333ESLで録ったテープを基準に同じ曲のCDを聞きながらひたすらモーターの後の調整穴で微調整。
(TC-K333ESLで録ったテープが多いから)
2時間位ドライバーを動かすかどうか位調整をひたすら・・・当然ピッタリには行かないがかなり良いセンまで追い込めたと思う。

全部戻す。
170314tdv015
あ、パネル内側に何も無い穴・・・TD-V721だとレベルか何かのツマミが有る所。共通パーツなのね。

九州旅行前日に形になった。
やっとアンプに繋いでみる。
170314tdv016
ま、普通に音は出ている(笑)。早送り巻き戻しも問題は出ていない。
リモコンも使えた。
録音も試した・・・・L側がほんのすこし大きめ?
またもう困った事に・・・。

TD-V721と積んでみる。
170327tdv016
TD-V721は非常に優れた感じなのですが、若干テープスピードが速いんです。(調整出来ない)
TD-V631は自分で調整出来るのと構造が殆ど同じでそれがに手を出した理由。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2017.01.30

今一度チェックKD-A6

カセットデッキ三連チャン最後。

金曜のビクターカセットデッキ KD-A6(2台目)。
170129kd001
先日書いたように
止まったり動いたり・・・多分カウンターのベルトが緩んでいる。
再生と録音のランプは点かない(コレは放置)。
スピードも少し遅い。
1時間位テスト続けていたらモーターから異音・・・
音は出る。
あと、右のメーターの振りが少し小さいかも。

開けてみる。
170129kd003

カウンターのベルトは緩んでいた。
170129kd004
以前やったようにOリングを一つはめ、外径を大きくして張りを出す。
これで止まる事は無くなった。

メインのキャプスタンのベルトはそんなに緩んでいる感じはしない。
スピードはモーター??
170129kd005
モーター後の基板に可変抵抗?
穴にドライバーを突っ込んだだけで回転が変わったので焦った。
かなり固かったがコレを回しスピードは調整出来た。
どうもこの近辺にハンダ割れが有るかもしれない。
(強く押すとスピードが変わる)

4時間程回しているがモーターから異音は出ない・・・何でだ?
(この後全く出ない。)

170129kd007
録音再生をためす。
再生は音が篭ってイカンです。PHONESからヘッドフォンで聞くとそんな変ではない。
奇麗に録れているようで他のデッキで再生するとテープなりの音はする。

ここでダメ元でメカを出さずにカウンターのベルト交換を試してみる事にした。
こんな感じにすき間から通して竹串、ピンセット、針金を駆使してチャレンジ。
170130kd006
リール下側のブレーキとのすき間にゴムベルトを通すのに難儀しました。
結局メカ部を停めているネジを全部外して少しズラし、中の様子が少し掴みやすくなってやっと交換出来ました。
3時間かかった・・・が、コツは掴めたんで次はすぐに出来ると思う。
ベルトは50mmだったかな?少し揺り感じだが問題なく動作するようになった。

もう一度掃除や消磁して再生。
試しにPHONESからアンプに繋いでみるとそんなおかしく無い。
出力端子に行く間に劣化している部分が有るんだろう・・・自分ではどうにもならないんでやっぱダメっぽい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.01.29

K-6再び

カセットデッキ三連チャン。
TD-V721をやった事で今一度動作がイマイチのK-6を見て見ようと思った。



結局バラせず。
いや、前回ベルト換えるくらいやっているんだから少しはバラそうと思ったけど
どうをどうやったか忘れちゃって、これ以上被害増やさないため無理しませんでした。
170129_k6001
コレ位古いからかヤマハだからなのか、早送り巻き戻しの切り替えが真ん中上の振り子式でない。
アイドラーのゴムやプーリーをサンドペーパーでヤスって早送りは以前より少しマシになった。
(残り1/3位がしんどそうだが)
再生の立ち上がりも悪かったのも問題なくなった。
が、巻き戻しは動きません。
アイドラーが滑ってトルクが伝わってないのは間違い無い。
裏面に見えるスプリングのテンションを上げれば動くのは掴めたが上手く対処する方法が無い。
早送り巻き戻しを切り換えるアイドラーは底のすき間から見えたが手は届かない。

バラす勇気無く、ここいらで諦めた。
170129_k6002
最後に少し回転数の調整。
(モーターの穴に精密ドライバー突っ込んで後は耳で)

PHONES出力にボユームが無いのでボユーム付き延長コード買いました。
そのままじゃ耳が悪くなる程の音量だから。

結局日曜の朝4時までかかっていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)