カセットデッキ

2017.11.27

今度は高級?

11/24、映画見た帰り足を伸ばした狭山のドフにて。「L側音が出難い」ジャンク。
TD-V721も同じ値段で有ってどっちにしようか考えたが、TD-V721の方が重症っぽいし既に有るので止めた。
171124_v001
ティアック V-8000S 1991年 定価¥105000・・・しかも10kg超えと重い。
カセットデッキとしては高級な方ですな。
店でヘッドフォンでは音が出ているのは確認。動作も問題無さげ。
パットを持って行かなかったのでその場で調べる事が出来なかったが、取説付きだったし高そうだったし、いちいち出直すのが面倒で思い切って買ってしまった。

オクでも結構な値段になっているし。
調べてみても詳しい修理の情報は出て来ない。

「出難い」って事は端子の接触不良、ハンダ割れとか思っていた。
171124_v002
が、そうはいかなかった。
端子をグリグリしても音は変わらない。

よく聞くとL側は音が少し小さい(もしくはRが大きい)。
(テープの録音状況によって多少違うが)
レベルメーターは多分正常・・・厄介だ。測定器無いと治せない?
171124_v003
再生の可変ボリューム、Rを少し下げた。
上の基板下の青印辺りにある。
ドライバーは挿せないが、ピンセットで摘んで回せる。
171124_v006
ただ下げただけゃ今度はメーターがずれるがそれは一旦放置。
赤→がメーターのボリューム。

各種デッキで録ったテープを聞き比べ。
基準にしているのは333ESLで録ったテープ。
L側が少し小さい上、音が少し篭る・・・ひょっとしてアジマス狂っている?

ヘッドのピンチローラーの掃除、消磁は当然した。

録音も試す。
自己再生では大丈夫な感じ。
他機で再生するとメーターも揃っていて奇麗に録音出来ている感じ。
それも含め色々検証中。

扉のオープン機能にゴムベルトが使われていないのはありがたい。
メインのベルトは張りが無く緩い感じもするが腐っては無い。
171124_v005
コレはホントにダメになるまで放置。

でな・・・試しているうちになんかまともになって来ている?
途中まではヘッドフォンでの確認だけで進めていたんだが、アンプに繋いでみた。
171127_001
・・・結局再生とメーターのRの可変ボリュームは元に戻した。
テープを幾つか再生・・・録ったデッキによって多少変わるが、多分正常に音は出ている。
何だったんだろ?使われてなかったから調子が悪かっただろうか?

リモコンが欲しいな・・・ティアックのカセットデッキのリモコンはオートリバース機の物なら何回かジャンクを見かけているが、
絶対そんなのは買わないと思って確保した事は無い。使えたかもしれない。
ちなみにタスカムのCD+カセットデッキのリモコンは有るがそれでは反応はしない。

※後日、仕事部屋に持って行って作業しながら聞いているがやはり問題は出ていないかと・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.11.17

交換〜調整

デンスケ3台・・・買った順、奥から2台目、3台目、4台目。
171116_001
昨日の作業。
先日アキバで正規だろうなサイズのゴムベルト(直径80mm×1.6mm)を買って来たので交換しようと思う。
手元に無かったので代用で80mm×1.2mmか0.9mmを使っていた。

接触不良でメーターが踊ったりしたんで3台目から。
171116_002
0.9mmのベルトが使われていた。

171116_003
そして速度調整。CDかけながらそれに合わす原始的な方法。
今回のためソニーの333ESLで録音した基準にするテープを新たに用意した。

0.9mmだったせいか?1.6mmに換えたらトルクがちゃんと伝わるようになったのか?スピードがメチャ上がっていた。
同じ作業を2台。
最初に手がけた3台目は速度調節に手間取ったが他の二台は比較的すんなり決まった。
その他最初にやった以降また動作不具合な部分はまた調整。

残り一台はまたベルトを買って来てから・・・。
アマゾンで一杯売っている「カセットレコーダー用の○十本セット」なんかを買って用意していたが、
あれは質的にダメなのが多いな(大丈夫なセットもあった)。
ベルト幅とか全然均一じゃないんだもの。
角ベルトなのに部分部分で帯状になっているのがあったりで全然均等に切り出せていない。
駆動のメインに使うような所にアキバで買って来なきゃダメだ。

夕方買って来たボストンのジャンクLPジャケットに少し痛みは有るけど盤はホコリだらけ以外大丈夫そう。
(持っているけど盤が奇麗だったので買ってしまった・笑)
除電機能のレコードクリーナーで一発で奇麗になった。
171117_001
先日のジャンクカートリッジEPC-U1200・・・「Rからノイズ出る」ってのは恐くてあれからレコード数枚テストしたけど問題無し。
一旦Rの音が出なくなって焦ったが、単にリード線が緩んでいただけだった。

171117_002
一度録音テストして音がフニャフニャだった4台目のTC-2860SD。
それも有っての再度ベルト交換・・・今度は大丈夫そう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.11.07

3台目のデンスケ再び

3台目のTC-2890SD
整備の事をここでは書いて無いが、手に入れてからすぐに手を入れて録音まで試していた。

しかしオートシャットオフが効かないまま。
TC-2860SDのときの事が有るので再度確認。
171020ct001
キャプスタン根元のギアを見るがここは問題なかった。
念のためネジロックは付きておいた。

なんと言うパーツか判らない・・・抜き取ってみた。
オートシャットオフを働かすパーツなんだがコレの動きがおかしい。
171020ct002
アーム部にスポンジテープ張ったのは上下にカタカタしていたから(最終的には取った)。
左のパーツが上手く回っていない。

駆動のゴムベルトで回っているプーリーと逆回転している(中にギアが3つも組んである)んだが、コレがテープが停まった時に上手く回っていない(殆ど止まる)。
171020ct003
ここが悪いと思い込んでズッと思い込んでいた。
軸にネジロックが付いているのも色々対処したときのもの。結局ココの固定でもなかった。

たまにオートシャットオフが連続で効くことも有ったが今いいちなまま1週間置きくらいで放置していた。
コレはその途中。

171029ct005
バランスが悪く水平にならないのでもう一カ所スポンジ張ったがコレも勘違いだった。


11/4、メカ丸出しで2週間も放置はアレなんで諦めて戻そうとしたとき最後の足掻き。
ちょっと再生に怪しい感じがしたんで再度確認。
その時気が付いた。
→の金属軸を押さえるとシャットオフが効く。このセンターが裏側の振り子のようなパーツの軸。
171104ct006
隣のリールのゴムが滑ってテープが止まってもこの軸の回転を止めれないのがオートシャットオフが効かない原因でした。

リール外してゴムをサンドペーパーで荒らす。
金の軸も脱脂と少しペーパーで成らす。
(巻き戻し側も回転弱いんで、アイドラー含めペーパーかける)
これでオートシャットオフ機構復活。
構造からして手探りで作業ってほんと困るわ。
機構が完全にメカニカルなアナログなんで症状は同じでも対処が違っているとかまいった。

171104ct008
色々弄ったのでスピード調整。
まぁイイだろうってってレベル。

久々にちゃんと組みたった。
171104ct009
電池駆動だとRメーターがまともに働かないとか有るが、動作自体は全部出来るんでこれで止め。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.10.21

デンスケ続き・・・

先日のTC-2860SD用に水道パッキンを買って来た。
外径は良さそう。
内径は小さいが無理矢理はめてみるか?
171020tc014
止めました。
リールが劣化していて先にはめたOリングを外しただけでもボロボロなって来た。
無理をすると壊れそうなのでそのままOリングで行く事にする。

オートシャットオフが効かなかった。
メカの動きを確認していると
テープが終わって停まるとキャプスタン上のギアが下りて来てキャプスタン根元のギアと噛んでヘッドが上がって動作が止まる。
(この動きの確認に随分時間食っている)
171020tc015
この時キャプスタン根元のギアが回ってしまって停まらない。
よく見るとギアが劣化?か裂けてユルユルでした。
コレをネジロックで固定。
オートシャットオフが効くようになりました。


171020tc016
今一度スピード調整。
CDを同時に聞きながら。

3台目のTC-2890SDもオートシャットオフが効かなかったからここいらか?
もう一度開けてみよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.10.18

バカで〜す

ソニー カセットデンスケ TC-2860SD 1975年発売 当時¥69800。
今まで買ってたTC-2890SDの下位機種ですね。

某ドフで動作未確認ジャンク。付属品無し。
店で電池借りて動作確認しようとしたけど、端子がサビ過ぎで通電してない?無反応。
店も確認できなかったのね。
で、家から電源コードもって出直し。
動作しないがモーターが動いている音は聞こえた。
メーター照明は生きている。
が、ブツブツブツ〜鳴って針がビンビン跳ね上がる。
またか〜。
3台目のTC-2890SDと同じ症状・・・接触不良なんだよな。
上下に振るとLは正常になった。
171018tc001
有ってもしょうがないんだが、キズは有っても大きな欠損が無いので買ってしまった。
メーター照明が死んでいたら買わない所なんだが・・・。

171018tc002
ざっと外回りを掃除。汚れが取れん。

サクッと開けます。
って、いきなりつまずく。
裏面電池BOX内のネジが激サビ。
171018tc004
ドライバーではダメでペンチで挟んでなんとか外せた。ここは新品に換えなきゃ。
あ、端子をヤスリかけたら電池も通電した。

ここからはサクッと開ける。
171018tc005
これは殆ど開けられた事が無い個体かな?
構造はTC-2890と同じ・・・ってか、TC-2890の内部がネットでは余り見つからずTC-2860を参考にTC-2890をバラしていた。
参考に入れておいたが→の所のネジやナット(一部写ってない)と・・・
171018tc005_2
カセットホルダー内のネジを外すと表側の外装もガバッと外れる。
(ソコまで外してやっと操作パネルが外せる)
ちなみに5mmソケットが有った方が作業は楽です。

ベルトがユルユルです。
切れてはいないが一部がホイールに張り付いていた。
ネジロックの付いたプラネジ外すとベルトは交換出来る。
171018tc006
ベルトを交換し回るようになった。(まだ仮)

針が暴れるのは基板が何かと接触していたのと・・・
171018tc007
判り難いが基板に付いているメーターのスイッチになっているような所に隙間からシリコンオイル吹いてガチャガチャ馴染ませたら起らなくなった。

で、再生させてみるとテープが絡んだ。
何だ?
巻き戻しはOK。早送りは何か引っかかっているような動き。
ダメか・・・表も開けるか・・・
171018tc009
って何だこりゃ。
送り側のリールの周辺がガビガビ。
リールのゴムも固くなってユルユル。
171018tc010
ここいらだけ何か浴びた?
このせいでリールがスムーズに回らない。
変な腐食はペーパーかけたけどソコよりリールのゴムだな。

意を決してリールを引き抜く。
ゴムの様子を見ていたら結局切れて外れた。
171018tc011
定番は水道パッキンなんだが手元に合うサイズも無く・・・
仕方ないのでサイズ的に合いそうな電ガンのピストンヘッドOリングをはめてみるとピッタリ。
そしてなんと動く!!
それまでと外径は1mm程小さくなったが動くねぇ。

若干スピード調節。
171018tc012
モーター横の基板の可変抵抗・・・右に回すとスピードUP。
TC-2890も同じ所に有る。

一応水道パッキンは探しに行ってから続きを。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.10.11

ただ今マイクのテスト中

ソニーのワンポイントステレオマイクECM-99。
当時¥7900、1974年〜少なくとも78年までは売っていたはず。

欲が出てデンスケのマイク入力テスト用にマイクが欲しくなる。
171010_001
モノラルの新しめのマイクなら結構安く買う事も出来るが、どうせなら当時物をと中古を南米で購入。
一緒にCD・・・何と新品(笑)。今年新品のCDって2〜3枚目?
(購入者招待ライブは申し込んだ)

171010_001_2
可動品で取り説も付いている。

171010_002
電池ケース部はちょっと液漏れの粉っぽい物が残っているね。
単二電池?
滅手に使わない・・・半端が15年位から本棚に放置してあるのが1個有った。
ちなみにマイク自体にON/OFFスイッチは無い。

赤がRグレーがL・・・マイク入力に差し込みマイク入力に切り替え、テープを入れ録音ポーズ状態に・・・
アレ?殆ど反応ない??
たまに少しメーターが動く??
おいおい・・・三台試して三台ともかよ!何か掴まされた??

一度電池を見てみる・・・あ、+の先が少し錆びている。
それ程放置していたか!

171010_003
サビをヤスって入れ直してテスト・・・今度は音が出た。



1台だけR入力が不可でした。
何にも出来ないと思うが一応後で開けてみる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.09.18

サバゲ行って来た

元々行きたいつもりだったが仕事が終わるか判らない・・・で、日曜の23時頃区切り着いたんでそこから用意開始。

ヤネックスに1人で行きました。
今度いつ行けるか判らないので。
2ケ月半振り?まともなサバゲもそれ位振り。

で、用意していたら見覚えの有る車きた・・・いつもの連中が3人来た。
1人は迷彩服忘れてサバゲはしなかったけど。
色々予定変更有って有志が来たらしい。
ま、向こうも「何で居るの?」って。
170918_004
ここはだいたい3連休だと最終日は空いているらしい。
それに台風通過後も有ったか?想像以上人は少なかった。
40人くらい?

20×20のゲームは殆ど無かったかな?

2ゲーム目とハンドガン戦前半以外参加。
ハンドガン戦は出るつもり無かったけど、チーム分けそのままで参加者募ったら人数が18×6なんで「後半参加して」って頼まれたから。
170918_005
持って行ったのは次世代M4とスカーとガスブロMP7。

スタート〜即死が2ゲーム。
6HIT取ったゲームも有り。この参加人数で6は結構デカい。

夏のサバゲ用に長袖の速乾吸湿シャツを2つ程買ったがやっと一つを着てみた。
ただ“クール”仕様じゃないのでそんな涼しく無い。この辺りちょっと失敗している。
170918_006
そして薄いせいで当ると痛い。
170918_001
ゼロ距離で相打ち。
こんな血がに滲むようなのは久々。

こっちも有る意味サバイバル。
170918_003
セフティのイスの後に上から落ちて来た。
逃げるメスに載りかかるオス・・・食べられちゃうかもしれないのにね・・・。

帰り道のドフにて。CDラックは家に居れるとき落として一部壊した。
170918_002
デンスケTC-2890、3台目(笑)。
何で?
って純正のキャリングベルトが欲しかったから。
本体修理はモーターこそ回っているが自分では手に負えそうも無い感じ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.08.19

二台目です。

ソニー、デンスケ TC-2890SD 1975年発売らしい。
懐かしの生録デッキ(死語)。

6/16・・・うちのより外観が概ねイイのでちょっと前から気になっていたデンスケ。
15日行ったドフでまだ残っていたので15日にもらった16日から使える10%引き券使いに行ってみた。

「テープ絡む」ジャンク。
店で試した感じでは絡まない(その後も一回も絡まない)。
ただ巻き戻しと早送りが出来ない。
170816sd001_2
しかし店員が値札テープをバリッと勢いよく剥がしたところ塗装が剥げた。
「外観目当てでだったのに・・・」と言ったら¥1000引いてくれた。

170816sd003_2
メーターも照明もOK。
ヘッドフォンも聞こえる。
スピーカー音声もL〜L+R〜Rと切り替えも出来る。
(うちのは“R”だけの音が出ない)
残念ながら再生は出来るが巻き戻しと早送りがほぼ出来ない。
(テープ無しなら回っている)
アイドラーゴムの劣化かな?そんなの直せない・・・。
録音はまだ試していない。

170816sd004_2
電池フタのスポンジは触るとボロボロ剥がれるのでコレは張り直した。

裏から開けてみました。
170817sd005_2
確か丸い所の可変抵抗がメーターや録音/再生レベルだったはず。
怖々基板を開いてメカをみる。
170817sd006
ベルトは1本のみ。
ちょっと伸びている感じはする。
ここで再生や送りの動きを見る。

・・・しばらく見ていると早送りや巻き戻しのときモーターのプーリーが空回り。
これか!?ゴムが伸びている。

ここで怖じ気づいて丸一日放置。
覚悟決め開始。
なんと言えばイイのか・・・押さえになっているプレートを外してフライホイール中心のプラネジを外せばベルトは変えられる。
この押さえのプレートの横から停めているネジが少し取り難かったけどなんとかなった。
170818sd007
取り出したベルトは直径85mm程有ったが80mm×1.2mmの角ベルトに交換。
早送り、巻き戻しが出来るようになった。
コレだけで動いてよかった〜。

録音を試す。
録音自体は出来る。が、R側が今一つ。

録音したテープを再生するとR側のレベルが少し低い。
試しにR側を若干上げて録って丁度いい位。
最初はR側がメーターの動きも変だったので具合をつかむまで時間かかった。
他のデッキで録ったテープはちゃんと再生出来ているようなのでこのデッキの問題だな。
170818sd009
後に立っているのが前から有るヤツ。
飾りパネルが残念な以外本体は結構きれいなのだ。
(メッキ部にサビも無い)
操作部のパネルを交換したりやってみたいが、バラすのが容易で無さげで手を出せない。

170818sd0010
今回の・・・メッキ部がサビサビ。ボタンもかなりクスんでいたが、ここまで磨いた。
この操作部分をパネルごと交換したいんだが・・・。

カウンターのベルトが切れたら正面のパネルを開けなきゃ交換出来ないので、いずれ手を出さないといけないんだが・・・。
1台目はそのうち何らかの方法で処分のつもり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.06.10

整理

地味に買い集め貯まって来たカセットテープを整理。
小さい箱はハイポジ、大きいのはノーマルとメタル(2本のみ)。
170609_001
小さい箱はハイポジ、大きいのはノーマルとメタル(2本のみ)。
他に何本かはみ出た。
コレだけ有っても使うのは昔の潰していいテープか新品でも20分とかの短いヤツ。

テストによく使っていたテープをTD-V721で再録音。
170609_002
しかしその途中でテープが絡まった!!
貴重なメタルテープが〜〜〜。
大分酷使していたテープだしな・・・切れなかっただけでも良しとする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.06.02

KD-A5は諦めた

GWに買ったジャンクのビクター カセットデッキKD-A5を色々試してました。
高校入学時に買ってもらったカセットデッキなので出来たらまた欲しいと思っていた。

ま、結果はダメ。

動作チェック。
170522kd001
動作チェック。
ランプ関係は全部点灯。(録音やポーズも)
扉の開閉が激遅い。見るからにあちこちグリス塗りたくり。

再生・・・動かない。が、一瞬でも巻き戻しや早送りにしてからだと動く。そこからは無問題。
再生スピードは・・・あれ?一聴した感じ普通。
店で試した時は遅かったのは固着でもあったか?

兄弟で並べて見た。
170530kd002
下がKD-A6。結構幅が違うのね。

開けてみる。
KD-A6と似ているようで違う。
既に弄られた跡が有る。

動きださ無いのは、良く有るカウンターのベルトの緩みかと思ったがどうもそうでは無さそう。
メインのベルトは無事そう。ビクターのベルトって凄いね。
170530kd004
あちこち塗り過ぎなグリスを取る。必要そうな所はシリコンオイルを足す。
(プラ部品に普通のグリスとか勘弁して欲しい)
大分掃除と給油をしたんだが扉の開閉は余り変わらず・・・まぁコレはいいわ。

動作検証に再生していると1時間位からモーターから『キュキュ』って音が・・・
2時間程すると「キュ〜〜〜〜」と耳に付くようになって3時間も経つとちょっと耐えられない音量に。
ハイ、モーター終わってます。
モーター外してバラし、整備すれば使えるかもしれんがそんなスキル無し。
軸の根元にシリコンオイル挿す。
1時間位回しているとやはり『キュ、キュ』と少し鳴るが、2時間程回してもそれ程酷くならない(それ以上の時間は恐くて試してない)。

念のためカウンターのベルトは交換。
メカはバラさず・・・メカを停めているネジを外し少しズラしたが、あとは隙間からKD-A6の時のようにねじり混んで交換。

どうも電源入れてからすぐの再生が立ち上がらないのはプランジャーが一押し足りていない感じ。
巻き戻しや早送りを一瞬でも動かしてから再生するとそこからは普通に動く。
10分くらい電源切って休ますとまたすぐには動かない。
お手上げです。

スピードはモーター裏の穴に−ドライバー突っ込んで調整。
精密ドライバーより少し大きい位でないとハマらない。(それが当初判らなかった)
そして手応え感が薄く回し具合が掴み難い。

再生は・・・・ANRS/OFFなら普通。
ANRS/ONだとノイズリダクション以上に音が篭る上、Lのレベルが明らかに下がる。
どこかパーツが劣化しているかANRSのチップがもうダメ?
Lの再生レベルを調整してみたが、ANRSのON/OFFに関わらず変わってしまうので無駄だね。

素に再生してもR側のメーターが弱い感じで僅かに上げる。
文章ではそれだけだが、幾つかのデッキで録ったテープとミュージックテープを15本くらい何度もかけまくりで強弱を見る。
これに計4〜5時間使っている。
(中には耳で聞いているのとメーターのふれが全然一致しないのも有って・・・)

底面からの画像がネットで見つからなかったので上げてみる。
170530kd005
ちゃんとしたシャーシに基板やメカが取り付けられているから底板が外せる。昔は金かかっているね。
電源部の基板が少し欠けていて、そこがジャンパされている。
老眼で細かい所は見えない・・・ハンダクラックとか有るか?
(作業用ルーペ買わないと・・・)


170530kd006


170530kd007
左端の可変抵抗がメーターの調整用。(手前がR)
奥の→は可変抵抗は再生レベルっぽい。(左がL)
つー事は真ん中のは録音レベルかな?

結局、多少良くなったがジャンクレベルのまま。
ちなみに録音は動作以外試してはいない。

しょうがない、KD-A5は捨てなきゃならない時までオブジェかな?

昔のカタログや取り説仕舞っているファイルを見直したらKD-A5の取り説が出て来た。
まだ残っていたのに驚き。

| | Comments (0) | TrackBack (0)