アンプ

2017.06.05

性懲りも無く・・・

パネル、バラし中。
パイオニアのアンプSA-6850のジャンク。
170605_003
中2のとき初めて買ってもらったコンポのアンプとほぼ同じ。
音は出るがツマミ2個がグラグラで電源のランプ切れ。さらに汚い。
ランプをLEDに換えるのに2時間かかってしまった。

コレを買う為に置き場の関係からパナのCDプレーヤーを一台、ドフに売りに出す。
ちょっと惜しかったんだが、
「ピックアップ、リニアモーターでなきゃソニー以外のは要らんだろ?」
と、自分に言い聞かす。
元々¥2160で買ったジャンクだが¥3000で売れたのはラッキー。

地元のドフで。
新人発掘の主題歌コンテスト用のカラオケレコード。
珍しいけど価値は無いよな・・・。
170605_005
この作品の歌手募集でなくあくまでコンテストのテーマ曲。
「超人ロック」はライナー無しでちゃんとした主題歌EPもあったので一緒に確保。
ちなみに「超人ロック」で優勝したのはドラゴンボールのED「ロマンティックあげるよ」歌っている人。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.03.30

掃除開始。

もうちょっと前に手に入れていたソニーのTA-F333ESA・・・「年式的にジャンク」って事だが音は出る。
リモコン付きだったので確保してしまった。
A-917Fと入れ替えで2ヶ月以上使ってはいる。
ただスピーカーAのL側の音が小さくなる(もしくは出ない)事が有る。
スピーカー切り換えたり音量大きくすると音が出るのでリレーの接点か?
一度音が出れば問題無いので使っていたが接点を掃除する事に。
170330ta001
買った時一応開けて中は見ていた。
前にもおかしくなったのでしょうねぇ・・・リレーはケースのツメが削られすぐに外せるようになっているのは確認済み。
170330ta002
ただ、A側?のケースは巨大コンデサが邪魔して外れない。
可能な限り動かし、紙に接点復活剤しましてピンセットで隙間から接点を拭く。
そして接点グリスを塗る。(結局両側とも)

すんなり左右とも奇麗に音が出るようになった。
170330ta003
今の所この件以外で動作やセレクターなどに問題は出ていない。
左右の音を気にしながら使っていたんでとっととやっておけば良かった。
いや、一度置いちゃうと21kg超えを動かすのが面倒で放置していた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.08.12

アキバ・・・

急遽部品買いだしにアキバ。
道の混雑が気になったがアイシスで・・・新座を過ぎた辺りからは結構スムーズだった。
アキバのコインパーキングも空いてたし。
160812_001
広告トラック休憩中。
居たのは夕方4〜5時だけどいつもの日曜より人は少ない位。
コミケ帰りな感じの人もそれ程見かけない。
しかし外人多い。あ、外人もコミケ帰り?

アキバのハードオフにジャンクフロアが新設されていた。
今までよりジャンクが充実。でもちょっと高い。

160812_002
で、取説・・・
もうDP-47Fは手元に無いし、A-917も持っているのは“F”なんだけど。
売り場にこのブツが有ったら止めようと思っていたけど無かったから確保。
仮にオクで買うのに比べたらかなり安い。

帰り道はいつもなら激混みな時間帯でも我慢出来るレベルだし車少なめ。

所沢インター入り口に人影・・・『群馬』って紙掲げた裸の大将みたいな人が立っていた。
今時大変珍しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.07.13

DA-1100EX

5月の終わり位には来ていてその時の作業です。

古いプリメインアンプ。
ケンウッド DA-1100EX 1987年発売で定価¥138000。
「デジ/アナ入力とも音は出るが、バランスにガリ有り」な、ジャンク。



バランスのガリだけ? これ、行けるんじゃね??
(ランプ切れが有る可能性はあったが)
ちょっと古めなんだが、使えるかもしれんと逝ってしまった。
ホントはもっとチャチくてオモチャみたいな格安ジャンクアンプを考えていたが、マジで選んでしまった。
160523ex001
届いた・・・元箱かと思ったら1代前?のアンプの箱だ。

160523ex002

160523ex003
開けた・・・あ、取説付きだ。付属品無しって話だったけど。
有った方が助かる。
(光端子のキャップもちゃんと付いている)

160523ex004
で、何故か一緒に入っていたダイヤトーンのスピーカー(DS-77HR)の取説。
年式的には同じなので前のオーナーは一緒に買って保存してたかな?

画像撮っている廊下の丁度イイ所にコンセント有ったので電源入れてみる。
160523ex006
スイッチのON/OFFでランプのチェック・・・多分全部点灯。ラッキー。

リビングに場所が無いから仕事部屋に持って行って動作チェック。
160523ex007
普通にアナログ入力でCDを。
確かにバランスボリューム回すとガリ・・・しかし殆ど気にならない程度。
スピーカーAで出力・・・右が「気のせい?」レベルで音が低い感じもする。
(リレーの接点が煤けているのかもしれん。)
スピーカーBで出力は多分問題無い。
音質も多分問題無いと思うが、普段がオンキョーのアンプで聞く事が多いので違和感は有る。

床に直置きでは色々やりにくいので急遽台を用意。
ちょっとネットで調べ、安くてお手軽なニトリにひとっ走り。
TV台を買って来た。
160523ex008

160523ex009
そして組み立て。
仮に置いてテスト。
160523ex010
レコードもかける。PHONO/AUX入力もOK。
CDを光デジタル入力もOK。
(チューナー入力だけ試してないわ)

光デジタル入力の有るアンプは初めてなんでなんか新鮮な音。
(それも有っての今回の選択なんだが)
光デジタル入力のとき、バランスが利かなくなるのは仕様なのかな?
(トーンは利く)

バランスのガリは使用しているうちに出難くなり、たまにほんの少し出るレベル。

その時は手が離せなかったので2日程置いてから・・・・
160523ex012
多少掃除したりしてから撮影。
クソ重い(20kg近い)ので移動が大変。

160523ex013
見てくれは結構立派なんだがPHONESが金メッキでないのが不思議。
スイッチ関係は質感は低い上、操作感が安っぽい。

160523ex015
くすみとか残っているけど気にしない〜。

160523ex016
底面には修理を示すシールは無かったが中はどうかな?

この後、仕事部屋でそれないりに使っているが、取りあえず問題無さそうなので中は開けてません。
送料込みで定価の7%以下だったので、この状態がしばらく維持出来るなら悪く無かったかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.05.05

ジャンク漁り

GWも近所をフラフラ出来るのが今日位なのでちょっと離れたドフまで漁りに行って来た。

“キイハンター”のCD以外はジャンク。
既に持っているレコードや「ロッキー4」のサントラはCDで持っているけどね。
160505_001
劇場版「うる星やつら 4」の12inシングルは主題歌がかなり好きなんで嬉しい所(CD有るけど)。
パットベネターのLPは¥105の値札付いていたから相当前から有ったのだな(盤の状態はすこぶる良かった)。
VOWWOWのLPは昔レンタルで借りたなぁ・・・当時のBSのポテンザのCMソングが入っている。
(VOWWOWのレコードってXボンバーしか持ってない)

リモコン探しも目的。
左のケンウッドのCDリモコンはうちのDP-8020の下位機種用なので問題無く使用出来た。
160505_002
右のリモコン・・・オンキョーの古いアンプのリモコンと予想出来たが、イマイチ判らぬまま確保。

帰ってから調べたらA-601V(89年)ってアンプのリモコンらしい。
うちのA-917FとA-911MLTDで試す。
160505_003
三カ所は反応無かったがその他ボタンは対応していた。
こんな古いのは中々見つからないしまぁまぁ使えるな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.02.21

CA-R1の照明交換

ヤマハのCA-R1の照明交換。

やっぱ暗いメーター照明が気に入らず色々調べました。
メーターの麦球が12Vなのまでは判った。あとはLEDをどう換えるか・・・。

麦球からLEDに変更には抵抗を繋ぐのが必須になるが、細かい事は全く判らない。
アキバの秋月に抵抗内蔵で12V対応のLEDが有るのを知ったからこそGO出来た。
金曜、実家行った足でアキバまで行き、見繕っておいたLED関係を買い込む。
後はやるしか無い。
160221_ca001
本体開けます。
左下の箱の中に麦球(4mm)が入っている。
160221_ca002
後のプラビスが箱を取らないと外せない(壊すなら行けるけど)。

グリグリ向きを変えながらなんとか箱を取る。
160221_ca003
麦球が見えた。そしてその前にブルーのプラ板が・・・減光と色味を変えているみたい。

試しにこの状態で点灯。実際こんなに明るくは無い。
160221_ca004

ゴムがソケット代わりになっているのは掴めていたが、どういうふうに結線しているのか判らなかった。
160221_ca005
なるほど。電極が足を兼ねていたのね。
抵抗内蔵で無いと結構面倒な作業だったな。
+-が判らなかったが、LEDは間違えたら点かないだけ?と居直って作業(笑)。

電球を取ってLEDに入れ替える。
1個だけ試しに換えて、光具合を確認。
160221_ca006
左が白色LEDそのまま。右が緑の拡散キャップをはめたもの。

緑の拡散キャップ付きで決定。
160221_ca007
実際はここまで明るくは無い。
右は交換前でこれでも麦球は光ってます(全く用をなしてない)。

今回用意したの・・・抵抗内蔵で12V対応のLEDはそんなに色数は無い。
160221_ca008
白と黄色の5mmLEDと白と緑の拡散キャップを用意。
黄色も試したけど明度がイマイチで効果なかったので止めました。

一旦終わったと思ったが問題が・・・4mmの麦球の所に5mmではちゃんと入るはずは無い。
組むとLEDが前に出過ぎで仕舞えません。
160221_ca010
LEDの根元の出っ張りをリューターで削る。
これでしっかり収まりました。
160221_ca011
上の左ニ個がそのままのの状態。

接触不良で上手く点かなかったり焦りましたがなんとか全部点灯し元に戻す。
160221_ca013
実際はこんなに明るくは無いです。
でも明るい室内でも点灯しているのは判断出来る位。

160221_ca015
KD-A6と並べると地味。KD-A6が派手すぎるんだが。
まぁまぁ満足。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.02.16

古いアンプを

我慢出来ず逝っちゃいました。
ヤマハ プリメインアンプ CA-R1 1977年発売 定価¥69800
(正確には1976年の12月なのかな?)
160216_ca002
自分が初めてオーディオを買ってもらった年に発売されたもの。
その年の頃の物が欲しかった。

コレは某中古オーディオショップからの中古です。
京都から通販。
ちょっと外観はくすみや汚れ、キズも有るが、当初より徐々に値下げして行ったので逝っちゃいました。
160216_ca004
古いアンプはどんな壊れ方をしているか判らないので、ジャンクに手が出せません。
だからメンテ済みの中古です。

160216_ca006
PHONO入力が3つも有るのが魅力です。MCも使える。

160216_ca007
アナログメーターも魅力。

こいつは小さい音量でも針が動きます。
ただ照明は激弱で、真っ暗にしても光っている?位にしかなってません。
160216_ca011
中古で保証付きなのでちゃんと動いてます。
スピーカーの切り替えに若干接触不良が見られるんだが、もう少し様子見る。
160216_ca012
画像では光っているように見えるが、判らないレベルです。
メーターの照明を明るいのに換えたいなぁ〜〜。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.02.04

アンプ A-817XXの整備

2/1〜2とやってみた。
オンキョー A-817XXを治してみようかと・・・A-917Fが来てから座敷の隅で寝てました。
片方の音が余り出ず、音量を上げると音が出る・・・
前に検証しておそらくリレーの接点が煤けているのに間違い無いと思います。

最近「初めてステレオ買ってもらった頃(1977年前後)のアンプが欲しいなぁ」なんて物欲が湧いて来たので
そんな事するなら A-817XX復活だろ?と自問自答でやってみる事にした。

底面を外します。ここを外すのは初めて。
開けてビックリ、ドン引き。
160201_a002
何か漏れてオモイッきり腐食してます。

160201_a003
画像真ん中、大きなコンデサの底から電解液が漏れてますね。
コレのせいか?

自分にはどうにもならないのでスルー。

160201_a005
リレーの取り外しにかかります。
3つのツメのうち2つはギリギリアクセス出来るんだが・・・

ここの10カ所の半田を取ればリレーが外れるはず・・・・
160201_a006
無理でした。
うちの半田ごてでは温度が合わない?上手く溶けません。

ケースのツメを壊し外す事にしました。
(この辺りは必死で画像がない)
二カ所のツメは折ったんだが、もう一カ所は内部の仕切りが邪魔でアクセス出来ません。
コジッたり何やら色々やってます。
ケースはかなり浮くんですが一カ所が外れず取れません。
2度程やっぱ半田を・・・と挑戦したがむしろそっちの方が基板を壊しそう。

ケースを壊す事にした(笑)。
160201_a007
リューターでケースを割ります。
場所が狭く使える刃が限られるのでやりにくかった。
最小限の切れ目で・・・なんとかこの一カ所でケースは外れました。

後は接点の掃除です。
160201_a008
狭いので-ドライバーに両面テープでサンドペーパーを張った簡易治具で磨きます。
上の銅板内側も磨きます。
(ここでサンドペーパーは使っちゃいけないんですね。次回から考えます。)
接点に接点グリス塗って終わり。
ここまで何時間かかったやら・・・さっさと割っちゃえば良かった。

ケースの割れ目はテープで補強。
ケース自体は両面テープで停めました。
ちゃんと修理している人が見たら呆れそうだが、自分が聞けるように治ればイイのでコレでイイ。


160201_a009
電源入れて・・・“カチン”リレーの音はする。

取りあえずCDPとスピーカーを持って来て音出し。
160201_a010
最初からちゃんと左右から音が出るようになりました。
そして元にもどします。
160201_a011
このスタビライザー(錘り)、なんとかならんかね?
重過ぎなので付けるの止めようかと思った。

日を改めて少しテスト。
テストにも置く場所が無いので画像も録りにくい。
160202_a013
あれだけ電解液が漏れた跡が有るのに、特に問題なく音は出てます。
レコード、CDを聞きました。
トーンやバランスのガリも皆無。
これでしばらく使えるかな? 置き場所ないけど(汗)。

昨日急ぎの仕事で午後から仕事部屋ごもりだったので、最低限CDプレーヤーと一緒に持って行き流しっぱなしに。
160204_a015
ここで聞いていて判ったが、“CD ダイレクト”ポジションだと右の音が僅かに落ちている事に気が付く。
・・・・いや、自分ではどうしようも無いので放置。
元々“CD ダイレクト”ではあまり聞かなかったので・・・。
素人が30年選手に完璧を求めるのは無理ってもの。

保証書や領収書が出て来た。(一緒に買ったケンウッドのCDやデッキのも)
160202_a014
30年前の86年に買ったと思っていたけど、買ったのは1987年だった。30周年は来年か・・・。
石丸ビデオセンターで、A-817XXは当時¥66000で買っていた。全然覚えてなかったわ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2015.04.23

オンキョー A-917F

オンキョー Integra A-917F 1991年10月発売らしい。
定価は¥89000。
電源コードには“1992”って有った。
150421_a002
側面を下に置かれていたので見えている方の側面はちょっとこすり傷が付いている。

近場のドフに3週前位から有って我慢出来ず買ってしまいました。
「セレクタが勝手にきり変わる事が有る」ジャンク。
ジャンクと言いつつ、もう3千円も足せば安い中古が買える位した。
リモコンは無し。(何でリモコン欠品が多いんだろうねぇ〜)
この機種はインプットセレクタが勝手に切り替わるトラブルがド定番としてよく紹介されている。
手間はかかるが対処法もネットにしっかり紹介されている。
あと“事が有る”って表現はまだ症状は軽傷なのかな?と・・・。

八王子のドフで6〜7千円位で二台も有ったのは先日見たのだが、
そこまで行ったら往復3〜4時間潰すから、往復30分の近場の方が気が楽。

店のチェック台で動作確認。
CDプレーヤーやスピーカーも有って音出し確認しやすかった。

電源入れたとたん、電子ルーレットのようにセレクタが切り替わったわ(笑)。
「こりゃイカン!」
でも音をだして聞いているとそれ程動かない。
一応リバプールのリモコンを持って行ったらネットで確認したように使えた。

ダメならバラすしか無いと確保。

さっそく家で確認。
150421_a003


150421_a004
端子は結構汚れている。
特に使われてなかったと思われる所は金メッキが真っ白だった。
(あとで磨いた)

取りあえずスピーカーはS-PM300に繋ぐ。相変わらずあんまり良い音でない。
150421_a007

余談だが前にS-PM300をダメダメとコキ下ろしたが、
左下にちょこっと見えるONKYO LiverpoolでCDを聞くと
ビックリする位素晴らしくいい音を出します。相性みたいなの有るんだね。

セレクタは誤作動します。特に手で回したときは酷い。
が、リモコン操作だとそんなに無いな。

一応中を開けます。
150421_a008
開けながらクスんだネジも磨きます。

画像は一部拭いたあとだが、今まで開けて掃除とかした感じは無い。
一部には綿ホコリも貯まってた。
150421_a009
エアダスターや掃除機でホコリを取ります。

150421_a010
セレクタの誤作動ですが・・・・
150421_a011
このセレクタノブを総計100回位グリグリ回しました。(電源は切って)
接点を削り取ろうって腹です(笑)。
その後リモコンで切り替える限りは誤作動は無しです。(コレを書いている時点では)
オイルとか接点復活剤とかは使ってません。
その他、ガリとかも無さそう。
トラブルが有るのを判っていてもリモコンで操作出来るのが欲しかったのよ。
(しかも安く)
また頻発するようなら本当にバラしだな。
性能&年式的には後継のA927とかが良かったのだけど、リモコン操作が出来るのを取ってしまった。

リモコンはコレ等が有る程度対応する。こういう時に集めたジャンクリモコン。
どれも電源のオンオフとボリューム、ミューティングは効きます。
150421_a015
でもセレクタ切り替えに“PHONO”が有るのは Liverpool用だけなのでそれを使うしか無いかな?

BSはAUX2になりました。
TAPEはTAPE1になりました。
150421_a016
AM,FMではチューナーになりません。
AUX1とTAPE2にはリモコンで切り替えられません。
DATが有るのは時代だねぇ・・・自分はDATやMDに手を出さなくて良かったと思っている。
リモコンは地道に探すしか無いねぇ・・・オクで買うとかイヤだし。

今までのA-817XXと交代。
150421_a019
ごめんよA-817XXくん・・・・あと一年だったけど君を30年使ってやれなかったよ。
何とかしていたが、やっぱスピーカーリレーのせいで右の音が落ちるのはイラついてね。
入れ替えたと言っても年式的には6年しか新しくなってないので、先は短いと思うが・・・。
しかしA-917Fは左右も奥行きもA-817XXより大きい。
A-817XXが入っていた棚にはA-917Fは入ってくれないな(奥行きが)。

これでA-917Fがしばらく無事に使えたならA-817XXは処分だね。
壊すつもりでスピーカーリレーの掃除にチャレンジしてもイイかな?
(売るにしても二足三文だしな)
150421_a020
最後に残っていたアンプに取りあえず終わりが見えたので、気が楽になった。
手をつける所がない。
多少周辺の物が居るが、今度は余ったのを処分しないとな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2015.03.13

オンキョー Liverpool

03/12 ONKYO Liverpool R-200とC-200

オンキョーの “Liverpool”ってミニコンポより上のクラスっぽいシスコンのレシーバーR-200とCDプレーヤーC-200。
150312_l001_2

1987年発売らしい事は判ったが、値段もスペックも判りません。
セット売りでなく、コンポ的にバラ売りだったみたい。
(電源コードには“1989”と入っていた。)

元々はレコードプレーヤーテストに組んだ所に「聞ける程度のCDプレーヤーを」とCDプレーヤーのジャンクさがしていた。
で、東所沢のドフで直せそうな程度(コレが重要)のC-200を見つけていたのでそれを確保に出かけた。

と、その前にちょっと足を伸ばし、ふじみ野のドフへ・・・。

そこに「ラジオは聞けました」ってジャンクのレシーバーR-200(¥3240)があった。
C-200とセットになるのは知っているが、その時点で詳細は全く知らない。

スルーしようと思っていたが、リモコンのジャンク箱を見たら “Liverpool”って入った付属リモコン(¥324)が・・・・
この際なのでセットで確保。
(あとで調べたんだが、オクや中古販売でリモコンが付いている事はかなり稀のようなので同時確保は正解だった)

そして東所沢のドフ・・・C-200はまだ有った。(リモコンは無い)
「トレイが開かないときが有る」ってジャンク(¥3240)・・・この程度ならプーリーベルト交換で治るかなと。

店で試したが確かに上手く出なかったり・・・でもCDは読み込んだ。
コレも確保〜。

レシーバーR-200・・・かなり汚れている。
(ソニーのカセットデッキリモコンは別の予備ね・・・CDにも使えそうだし)
150312_l002_3

150312_l003_3
相当使われていなかった?端子はかなり腐食している。

CDプレーヤーC-200。
150312_l008_3
外観はそんなに悪く無い。
(こっちの電源コードには“1988”と入っていた。)
150312_l005_2
“Liverpool”のリモコン・・・後で判ったのだがCDプレーヤーの単独では操作は出来ないのね。

とりあえず繋いでみた。
150312_l010_2
トレイの開け閉めは当初上手く行かなかったりしたけど、何度も使っていたら殆ど問題なくなったよ。
ただCD-Rは読み込めません。年式的に対応していない。
当初は1990年頃の製品だと思っていたのよ・・・でも実はそれより前で、CD-Rが世に出る前なので無理だった。
(2000年以降だったら間違い無くCD-Rにも対応しているだろうな)

レシーバーには音質のモード切り替えが有るだけで、バランスやトーン調整は出来ない。
居直った作りだな。
150312_l012_2
すぐにちゃんと音が出たんだが、ちょっとすると片方の音が落ちる。
どこが原因かと思ったら、このモード切り替えツマミが接触不良。
(プロセッサーモードは音が出ない・・・コレはイコライザーとかに繋がないと意味が無いのだろう)

グリグリ回していたら少し良くなった。

そしてリモコンが効かない。
150312_l013_2
電池の液漏れの跡が有り、それを少しこそぎ取ったら使えるようになった。
でもレシーバー操作以外使えない。
CDの操作が出来ない。

あ〜〜〜、これ有線のリモート用の接続が必要なのね。
150312_l016_2
調べて代用にミニプラグコードを探す。
出て来たけど、いや〜コレ何年前に買ったかな?軽く30年位前のじゃ無いか?
150312_l017_2
繋いでみました。
これでCDの操作が出来るようになりました。
150312_l014_2
しかしCDプレーヤーだけうちに有るのに繋ごうと思っていたのに・・・
まぁ、ココのアンプに繋げて音が出れば最低限いいので今は諦める。
本当はCD操作だけのリモコンが別売りで有ったようなのだが・・・またリモコンのジャンクを漁るしか無いな。
オンキョーのリモコンって無いんだよな〜。

CDプレーヤーC-200を開けてみます。
150312_l021
トレイを動かすプーリーのベルトはちょっと延びてます。
150312_l022
直径35mm×2mm?
うちに有る35mm×1.6mmでは滑ってトレイが出ません。
つーことでベルトはそのまま。

レシーバーR-200も開けてみた。
150312_l025
筆と掃除機で軽く掃除。

モード切り替えの不良にココの接続が影響しているらしい。
150312_l026
接点復活剤をぬって戻す。
ホントは基盤とってツマミの根元も見たい所なのだが、ちょっとしんどいなぁ。

150312_l030
全部戻しまた視聴。
時計の時間合わせとラジオの設定も一応した。
取り説が無いから手探りで。

細かい所でたまに変な動きが有ったりするが、なんとか聞ける。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧