« 四苦八苦 | Main | K-6 続き »

2016.08.18

ハードル高かった

ヤマハ カセットデッキK-6、1979年製。定価¥59800
某ドフで「電源OK、動かない。直せる方へ ¥1620」
ボリュームツマミの塗装のハゲが気になる以外は結構きれい。
店でチェックすると一切動かないし左のメーター照明が点かない。

殆どデザインで手に取ってしまった。
フタ無しでテープを直接乗せるタイプだし、アナログメーターでメタルテープ対応でフェーザータッチ操作のカセットデッキってこの頃2年位しか出回ってなかったのであまり見かけないから欲しくなった。
確証無いけどヤマハ初のメタル対応デッキシリーズの下位機種じゃないか?

直す自信は全く無いけど・・・。

ネットで調べても情報は殆ど無し。ただの普及型で人気が有る訳でもないし。
ますます賭けでバラすしかない。照明切れは最後・・・もしくはスルー。
160810_k001

ちなみに作業に必死過ぎで画像はあまり無い。

開けるとベルト類はすべて切れてボロボロ。
160810_k003

160810_k004

ただテープセットして再生ボタンを押すとモーターが回るのは確認出来た。
少し希望が見えた。
電源スイッチが外れそうで外れず完全に前面パネルが完全には外せなかった。
(それ以外の配線は全部外した)
160811_k005
これだけ古いのにキャプスタン軸にサビが無い。

どうベルトが通っているのか考える。
細いの3本にフライホイールに平ベルトかな?

細いのは手持ちの中華ベルトセットで間に合いそう。
(現物合わせで適当に)
平ベルトは手持ちの直径70mmではデカ過ぎ・・・仮に角ベルトで現物合わせして60~55mmと見た。
160811_k006
ドロドロのベルトが絡まっている。

160812_k008
フライホイール&キャプスタン取り外しにはメカ部をゴッソリ外さないと引き抜くスペースが取れそうも無い。
そして意に反してどんどんバラさなきゃいけなくなる・・・。

「このままではバラした行程を忘れる」と焦り、平ベルトの大きさが掴めた時点で即アキバに買い出し(それが12日)。
160812_k007
60と55mm買って来て55mm使用。

160812_k009
買って来た平ベルトを取り付け、動作確認出来る所まで組みます。
殆ど動きません。

アイドラーがリールにかすっている程度で回りません。
160812_k010
そしてカウンターが回らないから動作が止まります。

160812_k011
でもテープをセットしボタン押すと、一瞬再生動作にはいった所でメーターが振れます。
ヘッドフォン繋ぐとその一瞬に音がした・・・良かった、再生機能は死んでない。

このあとはアイドラーをふいたりして様子見。
カウンター動かすプーリーを手で回しサポートして再生させたりをひたすら続ける。
ホントはメカを全部バラして掃除やら原因の追及をする所なのだろうけどバラして組み立てる自信が無いので強制的に動かして復活を試みた。
段々動くようになって来ました。

でも早送りと巻き戻しは殆どダメです。早送りは半分くらいまでは行くんだけど・・・。
テープの無い状態で回すとどちらも問題なく回るので、トルクが伝わってない感じ。

そうこうしているうちに何故か再生は殆ど問題なくなりました。
仮でミニコンポに繋いでスピーカー再生してみると結構いい音してます。
(動いたのに音が出ないとかだと最悪なのでドキドキだった)

気持ち切り替えにメーターの照明にかかる。
電球の仕様は判らないけど多分同じヤマハだし年式も近いからアンプのCA-R1の時に使った抵抗入り12VのLEDを使う。
160813_k011


160813_k012
見事点灯。
照度合わせのため生きている右側もLEDに換えました。
幾らか試した上で、元から付いていた緑のキャップは使わず、LED用の緑の拡散キャップを使用・・・均等な感じに照明が点いた。
余談だが、この作業中LEDの+-を接触させちゃったままで電源入れたら部分的に点かない所か電源が自体が入りませんでした。
ヤバかったかもしれません。


160815_k014
ハゲが気になったボリュームツマミは塗装・・・普通のプラカラーで。
半光沢クリアーで仕上げ。

3本程テープをかけ、途中で止まるとかは無くなったので試しにCDを録音してみた。
60分、裏表無事録音。
他のデッキでもかけてみたが奇麗に録れている。

この後早送り巻き戻し復活のため色々試す・・・バラして調整が正しいんだろうけどメカを取り出して全バラになりそうなので自分には無理。
160815_k015
小窓から見えるアイドラーをクリーナーなど付けてやって居たんだがそのうち再生も出来なくなった。

泣く程焦る。

ひたすら掃除です。
160816_k017
早送りはこのピンを押し込むとトルクが伝わる事が判ったのでテンションかかるよう色々試したが結局効果なし。
(巻き戻しもそう言う場所は見つけた)

アイドラーのゴムの滑り解消に治具作ってサンドペーパーを当てる。
160816_k018
コレは効いた。
早送りはかなり復活。
でも半分位から遅くなって最後の1/4程は殆ど止まりそうか止まる。
巻き戻しはテープのたるみを取る程度しか不可。
空の状態だとちゃんと回るのでちょっとしたテンションのかかり具合だと思うんだが・・・

掃除後、再生は復活しました。

途中、中に残っていた半分溶けたベルトカスが落ち、知らずに踏んで床やズボン、座布団に黒いのをアチコチに付けちゃって掃除に泣きました。
『ベルト換えたら楽勝だろ?』と舐めてかかってえらい目に会いました。

|

« 四苦八苦 | Main | K-6 続き »

Comments

YAMAHAのk-6僕も持っています。壊れてる症状も同じです。でも全部分解しなくてもなおりますよ

Posted by: | 2016.09.08 at 07:49 PM

そうですか・・・時間見つけて再チャレンジを考えてました。
決心着いたらやってみます。
(今は別のデッキが動かなくなってそっちが優先)

Posted by: マール | 2016.09.09 at 12:26 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87347/64077082

Listed below are links to weblogs that reference ハードル高かった:

« 四苦八苦 | Main | K-6 続き »